長崎県社会保険労務士会のホームページ 個別労働紛争を話し合いで解決します(無料)

よくある質問

よくある質問 【Q&A】

事業主から

画像の説明

Q1 
パートタイマーから有給休暇を取りたいと言われました。パートタイマーに有給休暇を与える必要があるのでしょうか?

A1
労働者が雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤したときは、10労働日の年次有給休暇を与えなければなりません。正社員だけでなく、パートタイマーも、1週間の所定労働時間が30時間の労働者には10労働日(30時間未満であっても、所定労働時間に比例した日数)の年次有給休暇を与える必要があります。

画像の説明

Q2 
パートタイマーも社会保険に加入させなければならないのですか?

A2
所定労働時間によります。1週当り30時間以上の勤務であれば社会保険加入対象です。20時間以上30時間未満の所定労働時間であれば、雇用保険のみ加入させなければなりません。

画像の説明

Q3 

社員が私傷病で休んでいます。何か給付がありますか?

A3
仕事以外の理由のケガや病気(私傷病)の療養のため就労することができず休業し、給与が支払われなくなったときには「傷病手当金」が支払われます。連続3日休業後、4日目から標準報酬日額の6割相当額が支給されます。

画像の説明

Q4 
60歳の定年退職後も引続き社員を再雇用して給与が減額したとき、社会保険の標準報酬の変更手続きは
どうすれば良いですか?

A4
通常、給与の大幅な(2等級以上の)改定があった場合は、改定の4ヶ月目から標準報酬変更の手続きを取ります。しかし、60歳の定年退職後も引き続き嘱託等で再雇用される場合は、いったん社会保険の資格喪失手続きをし、それと同時に資格取得の手続きをしますと、4ヶ月を待たずに再雇用後の標準報酬に改めることができます。その際、就業規則等に定年の定めがあることを要します。

従業員から

画像の説明

Q1 
退職したら、どんな手続きが必要ですか?

A1
会社から離職票を受取ったら、ハローワークで求職の申込みをしてください。健康保険は、国民健康保険に加入するか、健康保険に引き続き任意加入するか、家族の扶養に入るなどの方法があります。年金は厚生年金から国民年金への変更が必要です。配偶者の変更も忘れないようにしてください。60歳の人は、厚生年金の受給手続きをしましょう。

画像の説明

Q2 
ケガや病気で医療費が高額になりました。

A2
健康保険の被保険者または家族が、同一のケガや病気のため、同一の医療機関で、同じ月の間に支払った医療費負担金が一定額を超えた場合に、その超えた金額が「高額療養費」として支払われます。ただし、支払いは4ヵ月後くらいですので、支払の困難な人は、「高額医療費融資制度」を利用すると、申請から2週間前後で8割相当額の貸付が受けられます。




画像の説明

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL 095-821-4454

受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

長崎県社会保険労務士会

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional