長崎県社会保険労務士会のホームページ 個別労働紛争を話し合いで解決します(無料)

保険・年金助成金制度

保険・年金助成金制度

★健康保険とは

  • 健康保険は、会社などで働く人が業務外の病気やけがをした場合、それがもとで会社などを休み給料がもらえないとき、不幸にして死亡したとき、または出産したときなどに必要な医療給付や手当金などの支給を行う制度です。
    また、その家族についても、病気やけが、死亡、出産など必要な医療給付や手当金などの支給を行い、自営業などを営む人たちの加入する国民健康保険とあわせて、わが国の医療保険制度の根幹を成しています。

★厚生年金保険とは

  • 厚生年金保険は、会社などで働く人たちが年をとって働けなくなったとき、病気やけがが原因で障害の状態となったとき、不幸にして亡くなったりしたときに、年金や一時金を支給して、働く人たちやその家族の生活の安定を図る制度です。
    厚生年金保険に加入していた方が年金を受ける時には、基礎年金に上乗せして加入期間に応じた厚生年金が支給されます。
    労働保険とは、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます。)と雇用保険とを総称した言葉であり、労災保険の窓口は労働基準監督署、雇用保険の窓口は公共職業安定所となっています。
    労働保険は、農林水産業の一部を除き、労働者を一人でも雇っていれば強制的に加入する必要があります。

◆労災保険とは

  • 労災保険は、労働者が業務上の事由または通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡した場合などに被災労働者や遺族の方を保護するために必要な保険給付を行う制度です。
    また、事業主が故意または重大な過失により労災保険に加入していなかった期間に労働災害が生じ、労災給付がなされた場合は、遡って労働保険料を徴収されるだけでなく、労災給付に要した費用の一部を徴収されることになります。

◆雇用保険とは

  • 雇用保険は、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合(高年齢、育児休業、介護休業)に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するために必要な給付を行う制度です。
    また、雇用保険では失業等給付以外にも事業主に対して支給される各種助成金があります。
    厚生労働省の助成金は、雇用保険二事業といわれる分野で実施されており、雇用保険料の一部が助成金の財源となっています。
    例えば、高年齢者、障害者等の就職が特に困難な者を公共職業安定所等の紹介により継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主に対して、(複数の受給条件をクリアしている場合に)特定求職者雇用開発助成金が支給されます。
    なお、厚生労働省関係の助成金申請手続代行は、社会保険労務士法第27条により社会保険労務士以外は行うことができません。
    (助成金の詳細情報は、厚生労働省のページをご覧ください。)

           厚生労働省の助成金情報ページへ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional